活動報告

▶ vol.31-40

vol.40 新型コロナ専用仮設病棟の整備に着手

新型コロナウイルスの感染が警戒を要するレベルで続く中、補正予算では専用医療施設の整備をはじめとする入院医療機関の体制強化のため、690億9,323万3千円の計上を決めました。 具体的には、新型コロナウイルス感染患者専用の […]

▶ vol.31-40

vol.39 新型コロナウイルス感染症対策

県議会では、一般質問に登壇し、「新型コトナウイルス感染症対策について」をはじめ3項目10件について、県の施策を質(ただ)し提言・要請を行いました。 その概要を報告します。ご意見やご感想などを頂ければ幸いです。 地域だより […]

▶ vol.31-40

vol.38 新型コロナに備え過去最大の補正予算

県議会6月定例会では、新型コロナウイルス感染症拡大防止策と第2波への備えを盛り込んだ一般会計補正予算の計上等を議決しました。 本会場での3密を防ぐため、採決時以外は出席議員を3分の2にし、3分の1の議員は別室で審議をする […]

▶ vol.31-40

vol.37 緊急コロナ対策費総額約35億円を計上

新型コロナウイルスの拡大を受け、自民党県議団は、緊急要望書を大野知事に提出。 件は、元年度予備費から約8千万円を充当し、24時間の専用電話相談窓口「県民サポートセンター」の開設などを進めました。 地域だより vol.37